テレワークの導入率が高い分野

By admin  

情報通信技術を利用して柔軟な働き方ができるテレワークですが、2017年の導入率は従業員が499人以下の企業では約5%で500人以上の企業では約23%とされています。
また、従業員2人以上の企業では約14万社とされており、今後はワークライフバランスの実現や人材確保などの目的によって導入する企業が増え、2022年ころには導入率が約10%になって約29万社がテレワークを導入すると推測されています。
それと、テレワークを導入する企業は様々ですが、どのような分野で導入されているのか気になるところです。
テレワークの導入率が高い分野はサービス業や製造業、金融業となり、逆にテレワークの導入率が低い分野は医療や教育、公益などとなります。
テレワークの導入率が低い分野は顧客との対面や情報漏洩の危惧などの制限からテレワークを導入しにくくなっています。
そして、テレワークは在宅型を中心に普及が進んでおり、逆に施設利用型はセキュリティの不安などから伸び悩みが考えられます。テレワーク


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*