日本電気株式会社のテレワーク

日本電気株式会社はシステムプラットフォームやパブリック、エンタープライズやテレコムキャリアなどを製造する企業の一つで、テレワークを導入する企業の一つとして注目されています。
この企業では1986年にサテライトオフィスが導入され、1993年には在宅勤務制度を研究職にのみ限定導入されています。
その後にテレワークの利用対象者を拡大し、首都圏を中心にサテライトオフィスを増やすと今現在では全社員がテレワークを利用できるようになっています。
また、テレワークの実施日数は月12回以上20回未満程度になっており、モバイルワークのツールとしてアプリを利用しています。
そして2017年にはテレワークの利用を促して生産性の高い働き方を実現させるためにテレワークガイドラインが公表されました。
こうしたテレワークを導入した結果、残業時間や通勤時間の削減、生産性の向上や疲労軽減などの効果を感じられたと多くの社員が言っています。https://works.rsupport.com/ja-jp

株式会社WillinkSystemのテレワーク

柔軟な働き方として注目されるようになったテレワークですが、そのテレワークを月4回以上8回未満程度で導入している企業が「株式会社WillinkSystem」です。
この企業はITシステムソリューション事業やITプロダクトサービス事業を展開している企業で、テレワークを担当する部署は管理部で全職種を対象にして今現在では23名が実施しています。
また、テレワークでは在宅勤務やモバイルワークだけではなくサテライトオフィスでのテレワークも実施しており、そのサテライトオフィスを利用する場合は社員複数人でのチーム利用を促してチームワークの向上も狙いとしています。
こうしたテレワークを導入した結果、ワークライフバランスの観点では介護と両立させる社員の満足度向上に繋がっていますし、テレワークを実施しているというアピールによってポジティブな印象を与えることができるようになり、テレワークを導入する前よりも内定承諾率がアップしたのです。働き方改革をスムーズに実現Rsupport Works

株式会社WillinkSystemのテレワーク

柔軟な働き方として注目されるようになったテレワークですが、そのテレワークを月4回以上8回未満程度で導入している企業が「株式会社WillinkSystem」です。
この企業はITシステムソリューション事業やITプロダクトサービス事業を展開している企業で、テレワークを担当する部署は管理部で全職種を対象にして今現在では23名が実施しています。
また、テレワークでは在宅勤務やモバイルワークだけではなくサテライトオフィスでのテレワークも実施しており、そのサテライトオフィスを利用する場合は社員複数人でのチーム利用を促してチームワークの向上も狙いとしています。
こうしたテレワークを導入した結果、ワークライフバランスの観点では介護と両立させる社員の満足度向上に繋がっていますし、テレワークを実施しているというアピールによってポジティブな印象を与えることができるようになり、テレワークを導入する前よりも内定承諾率がアップしたのです。

日本HPのテレワーク

柔軟な働き方として注目されるようになったテレワークですが、そのテレワークの拡大とともに都市近辺の人材の雇用だけではなく、離れたところや地方に住んでいる優秀な人材も雇用するようになりました。
このテレワークの導入を進めている企業や既に導入している企業は多くあり、その中にはノートパソコンやデスクトップパソコン、タブレット端末などで有名な日本ヒューレット・パッカード株式会社もあります。
日本HPのテレワークは、「通勤・移動時間の削減により更なる生産性の向上を」ということを目指してフレックスワークプレイス制度を導入しました。
フレックスワークプレイス制度とは1か月のうちの数日間だけ1日の業務を自宅で行うというもので、この制度を利用したい人は理由に関わらず部門長の許可が得られれば利用することができます。
以前から育児や介護を必要とする社員にはテレワークが導入されていますが、この制度の導入によって更にメリットを感じられるのではないでしょうか。働き方改革をスムーズに実現Rsupport Works

マーケティングオートメーションツールのb→dash

マーケティングオートメーションのツールは様々なものがありますが、その中でも特に注目されているのがb→dash(ビーダッシュ)というマーケティングオートメーションツールです。
このマーケティングオートメーションツールはマーケティングに必要な機能を幅広く提供しています。
そのマーケティングに必要な主な機能は、データ統合、Web接客、メール、広告連携、LINE連携、SMS配信、レコメンド、CMS、プッシュ通知などがあります。
また、ビーダッシュのマーケティングオートメーションツールはデータ統合を自社で行っていますので細かいセグメント作成と顧客のニーズに応じたマーケティング活動が可能となります。
それに、顧客ごとに独自のレポートを作成することができますし、名刺管理ソフトとの連携やLINEビジネスコネクトにも対応しています。
このようなマーケティングオートメーションのツールは注目されていることもあって多くの企業が導入しています。

日本マイクロソフトのテレワーク保険

働き方改革の実施によってテレワークが注目されるようになりましたが、そのテレワークの実施で課題になってくるのがパソコンなどの端末を持ち出して使用するときに起こるセキュリティや盗難などの問題です。
こうした課題を解決するために日本マイクロソフトはテレワーク保険の提供を開始しました。
このテレワーク保険の正式名称は「特定危険担保特約付帯サイバーリスク保険」となっており、加入条件としてWindows10搭載のモバイルパソコンのみが加入できるようになっています。
また、テレワーク保険の内容は会社から支給されるモバイルパソコンを使用し、その使用時に発生した各種損害に対して損害賠償金や原因調査にかかる費用などが補償されるということです。
このようなテレワークの保険はセキュリティ面だけではなく技術的なことや盗難などにも対応していますので、企業はテレワークを安心して導入できますし、テレワーカーも安心できるのではないでしょうか。

テレワークの導入率が高い分野

情報通信技術を利用して柔軟な働き方ができるテレワークですが、2017年の導入率は従業員が499人以下の企業では約5%で500人以上の企業では約23%とされています。
また、従業員2人以上の企業では約14万社とされており、今後はワークライフバランスの実現や人材確保などの目的によって導入する企業が増え、2022年ころには導入率が約10%になって約29万社がテレワークを導入すると推測されています。
それと、テレワークを導入する企業は様々ですが、どのような分野で導入されているのか気になるところです。
テレワークの導入率が高い分野はサービス業や製造業、金融業となり、逆にテレワークの導入率が低い分野は医療や教育、公益などとなります。
テレワークの導入率が低い分野は顧客との対面や情報漏洩の危惧などの制限からテレワークを導入しにくくなっています。
そして、テレワークは在宅型を中心に普及が進んでおり、逆に施設利用型はセキュリティの不安などから伸び悩みが考えられます。テレワーク

乗る負担軽い次世代電動車いす 国内初、病院に「ロデム」

座るのではなく、後方からまたがって乗る介護用電動車いすを、草津総合病院(滋賀県草津市矢橋町)が国内の医療機関で初めて導入しました。ベッドなどから体の向きを変えずに乗り移ることができ、関係者は「利用者と介助者の負担軽減につながれば」と期待しています。京都市上京区に研究所があるロボットメーカー「テムザック」が開発した「RODEM(ロデム)」。全長1メートル、幅69センチ、重さ174キロ。後ろから体を滑り込ませるように乗るのが特徴で、ベッドや椅子、トイレに座った状態から移動しやすいということです。座席の高さは40~78・5センチまで上下できるため立っている人と目線を合わせやすく、高本陽一社長は「見下ろされる感覚がない」と言うことです。13度まで前傾し、食卓や洗面台もストレスなく利用できる。速度は時速6キロで、棒状のハンドルを操作する。スマートフォンで遠隔操作もできます。同病院は1台(98万円)を購入した。入院患者や下半身が不自由な外来の受診者に使ってもらう方針で、北野博也理事長は「利用者と病院スタッフの声を集め、ニーズや改良点を探っていきたい」としています。

<文科省>働き方改革 校長ら補佐「主幹教諭」100人増へ

文部科学省は、公立小中高校で学級担任を持たずに校長や副校長、教頭ら管理職を補佐する「主幹教諭」を来年度に100人増員する方針を固め、調整に入りました。長時間勤務が問題となっている教員の働き方改革の一環で、学校事務が集中する管理職の業務負担を軽減する中間管理職として、業務の効率化を担う。現在、全国の11県が主幹教諭を1人も配置しておらず、定着に向けた環境整備も課題となります。管理職の負担軽減を目的に2008年度に制度化されました。しかし、主幹教諭の業務が明確化していないこともあり負担減にはつながらず、16年度の教員勤務実態調査では、平日の平均勤務時間は小中学校とも副校長・教頭が12時間台で最も長かったのです。長時間勤務の常態化を受け、中央教育審議会(中教審)の働き方改革特別部会は、学校組織運営体制の改善策として主幹教諭の配置促進を提言しました。校務を「教務」や「生徒指導」などのグループに細分化し、主幹教諭をそれぞれの責任者に置くことで、管理職の負担を軽減するだけでなく、特定の教諭に校務が偏ることを避けられるとしたのです。
働き方改革をスムーズに実現Rsupport Works

働き方改革、時間外手当の削減分、福利厚生に充当 

小野薬品工業は20日、働き方改革によって削減できた残業代などの予算を、社員の福利厚生の充実に使う制度を始めたと発表しました。残業代の削減分に応じて、NPO法人などに対して、会社が寄付をするプロジェクトもスタートするものです。改革の成果を社員に還元することで、効率的に働く意欲を定着させたい考えです。働き方改革を始める前の平成26年度の時間外手当に対して、削減できた分を毎年、福利厚生に充てる制度で、今月から導入しました。子育て支援のほか、社員の資格取得に対する補助金を拡充するとしています。小野薬品は、パソコンなどを使って出勤せずに働くテレワークを一部で導入したり、「ノー残業デー」を設けるなどしたりして、年数%の時間外手当の削減効果があるということです。NPOへの支援は、削減できた時間外手当に応じて、寄付金の額を決める仕組みです。削減額が多いほど、会社側が捻出する寄付金が増えるということです。30年度はNPO法人「難病のこども支援全国ネットワーク」など3団体に寄付しました。