未分類

国内では話題の「AQUOS R3」の特徴

“ハイスペックスマートフォンを探していると、良く見つかるAQUOS R3ですが、AQUOS R3には以下のような特徴があります。
基本的な機能では、「防水・防塵の性能が高く、AQUOS R3はワイヤレス充電が可能」となっています。今では、スマートフォンだけでなく、あらゆる電子機器のワイヤレス化が進んでいますので、この機会に充電器のワイヤレス化を果たしたいという場合は、AQUOS R3のようなハイスペックスマートフォンを購入すると良いでしょう。
他にもAQUOS R3には、「おサイフケータイ、のぞき見防止機能」が搭載されています。AQUOS R3の大きな特徴は、「端末が熱くなるのを防ぐ放熱設計がされている」ところでしょう。
近年になって、スマートフォンの熱問題が浮上してきましたし、本体が破損する、充電が上手くいかなくなる・・・といった問題も知られるようになってきました。そのため、これらの問題に対応しているスマートフォンが欲しい場合も、AQUOS R3を選択したほうが良いでしょう。”

ガラケーからの乗り換えで注意したいこと

“最新機種のスマートフォンほど、本体価格が高いことに注意してください。
最近では、2万円から持てるスマートフォンもあるため、本体価格について良く知らない人が増えてきました。ミドルレンジモデルと呼ばれるスマートフォンであれば、約5万円で持てるようになっているのですが、ハイエンドモデル(最新機種に相当する)スマートフォンの場合は、約11万円ほどかかりますので、実は、スマートフォンの価格は下がっていません。
ではどうして、「ガラケーよりもお得なスマホ」の情報が見つかるのかというと、それは、ガラケーのほうが料金プラン分だけ高くつくケースもあるからです。スマートフォンの場合、ガラケーからの乗り換えでキャンペーン適用となるケースもありますし、1万円以上も割引されることもあります。
ただし、このようなスマートフォンの多くは、ハイエンドモデルではなく、ミドルレンジモデルのスマートフォンでまとまっているため、すべてで適用というわけではありません。”

他には無い?Googleスマホだけの特徴

“Galaxy Note 10に乗り換えよかと本気で思えた昨日のGalaxy情報。
スマートフォンの最新機種について調べていると、画素数の多さ、トリプルカメラを採用している・・・、このような特徴を訴えているものが多く見つかります。
しかしGoogleスマホは、android端末として珍しい特徴があり、Pixel(Googleスマホの代表作)を調べると、その特徴を学ぶことができるのです。その特徴ですが、Googleスマホは「Pure Android(ピュア・アンドロイド)」という特徴があります。
Pure Androidの特徴は、「カスタマイズされていない、最新のアップデートが常に発生する」ところでしょう。つまり、Google以外のスマホは「独自のカスタマイズがされている」ため、最新のandroidへとアップデートすることができません。
このような魅力があるので、あえてGoogleスマホを持つという人も増えてきました。これがGoogleスマホであり、Pure Androidの特徴です。”スマホカメラ

薄くて軽いスマートフォン「China Mobile A3S」

“学生に人気のスマートフォンを調べると、China Mobile A3Sのようなスマートフォンは人気であることがわかります。
というのも、China Mobile A3Sはスペックが良いからで、以下のような特徴を持つスマートフォンとして人気が高いのです。China Mobile A3Sは、「質量150g、OSはAndroid 7.0、CPUはSnapdragon 425」となっているのですが、AnTuTuスコア30000となっているため、こちらを意識してChina Mobile A3Sを購入する人は多いです。
ただし、China Mobile A3Sは「画面サイズが5.2インチ」のため、大きなディスプレイを求めている人にとっては、少々使いづらいと感じるところもあるでしょう。ですがChina Mobile A3Sは、「ストレージ容量は16GB、メモリ容量2GB」となっているので、ゲーム、アプリ、インターネット利用時に困る要素はほとんどありません。”

防犯アプリのDigi Policeはどんなもの?

“iPhone、android端末ともに、今ではDigi Police(デジポリス)のようなアプリを、インストールできる時代になりました。
Digi Policeとは、「警視庁公認の防犯アプリ」なのですが、Digi Policeには、マイエリア登録が可能となっているため、防犯意識を高めたいと考えている人は、android端末などにDigi Policeをインストールすると良いでしょう。マイエリア登録を済ませると、近隣の犯罪情報、防犯情報をまとめて知ることが可能になっています。
近年では、Digi Policeを用いてオレオレ詐欺について学んでいる人も増えてきました。Digi Policeには、詐欺の手口を学べる機能も搭載されているため、防犯情報だけでなく、実践的な知識もまとめて得られるようになっているのです。
Digi Policeは、子どもや女性向けの機能も充実しており、Digi Policeを搭載しているだけで、防犯ブザー、痴漢撃退機能も得られるようになっています。”

発売予定の最新機種にはどんなものがある?

“5月、6月に発売される予定のスマートフォンは以下のとおりです。
人気のXperiaシリーズからは、「Xperia 1」が6月中旬に販売される予定となっています。価格は112320円となっているため、比較的高い価格設定のように感じますが、5月中に発売される予定のスマートフォンの多くは、高いもので10万円から12万円となっておりますので、それほど大きな差があるわけではありません。
6月中旬以降に発売される予定のものでは、Galaxyシリーズの「Galaxy A30」があります。こちらはミドルレンジモデルのため価格が安く、Galaxy A30の価格は43200円となっています。
ですが、ほぼ同時期に販売される「AQUOS Sense2」は、価格が32400円となっているため、コストパフォーマンス重視でスマートフォンを選ぶ場合は、AQUOS Sense2を選ぶと良いでしょう。5月中では、「Galaxy S10+、Galaxy S10、AQUOS R3、P30 lite Premium」などが発売されます。”

ベンチマークスコアが高い「ZenFone5」

“定価は52800円となっているZenFone5ですが、上位版として開発されているSIMフリー端末だけあって、以下のような面で優れているスマートフォンです。
ZenFone5は、ベンチマークスコアに優れていると言われているのですが、トータルスコアでは138184となっています。補足となりますが、同じようなタイプのスマートフォンでは12万超のものが多いので、ZenFone5はハイスペックスマートフォンというのは事実です。
なんのためにベンチマークテストを行い、ベンチマークスコアを出しているのかというと、CPU(コンピューター性能)、GPU(グラフィック性能)、UX(使いやすさ)をわかりやすくするためです。ZenFone5は、CPU64081、GPU21190、UX44415となっているため、ミドルレンジモデルの中では、ほぼ最高と言えるような性能を誇るスマートフォンとなっています。
そのため、コストパフォーマンスが良いと評価されているのです。”

フリーWi-Fiの危険性と安全な利用方法

“最近になってandroid端末を入手した人ほど、android端末の使い方がわからないので、初心者用ナビゲーションに従っていることが多いです。
ですが初心者用ナビゲーションは、すべて正しい利用方法を案内しているわけではありません。例えば、フリーWi-Fiの危険性は早い段階で知っておいたほうが良いです。
フリーWi-Fiの設定が自動接続設定になっている場合、情報を盗まれてしまう恐れがあります。ではどのようにして対処するのが正しいのかというと、それは、自動接続設定を利用せずに、フリーWi-Fiを利用するだけで問題ありません。
手動でアクセスポイントを確認、信用できるアクセスポイントであれば利用するようにします。フリーWi-Fiの中には、暗号の強度が低いものもありますので、こちらは利用を控えるようにしましょう。
後は、身に覚えのないSSID名は確認し、知らないフリーWi-Fiを避けるだけで問題ありません。”

「HUAWEI Mate 20 Pro」はメモリ、ストレージも段違い

“高性能なandroid端末を探している場合、HUAWEI(ファーウェイ)のMate 20 Proがオススメされることが良くあります。
実際に、2018年以降のスマートフォン最新機種の人気でも、HUAWEI Mate 20 Proはトップランクとなっていますので、性能、人気ともに高いのは事実です。そんなHUAWEI Mate 20 Proですが、メモリ、ストレージにも余裕があり、そのため再評価されることが増えてきました。
HUAWEI Mate 20 Proのメモリ、ストレージは「6GB・128GB、8GB・256GB」となっているため、現行のスマートフォンと比較した場合、トップクラスのパフォーマンスというのは事実です。通常のスマートフォンは、メモリが多いとされているものでも約4GBとなっています。
そのことを事前に知っていると、HUAWEI Mate 20 Proが以下に高スペックなのかが良くわかるでしょう。しかもHUAWEI Mate 20 Proは、8.6mmという薄さを備えていて、他のスマートフォンより性能が高いのです。”

人気のミドルレンジモデル「HUAWEI P20 lite」

“テレビニュースでも良く見かけるHUAWEI(ファーウェイ)ですが、2018年に最も売れたとされるスマートフォンも、実はHUAWEI製のスマートフォンなのです。
その中でも有名なのが、HUAWEIのP20 liteでしょう。HUAWEI P20 liteは、SIMフリースマホとして開発されているモデルなのですが、「Huawei Kirin659」という、お値段以上のCPUを搭載しているという特徴があります。
これにより、本来であれば快適に動作させることが難しい、パズルドラゴンズ、ツムツムといったゲームアプリであっても、HUAWEI P20 liteの性能によってサクサク動くようになるのです。しかもHUAWEI P20 liteは、幅が狭いノッチディスプレイを採用しています。
ノッチディスプレイの利点は、画面を限界まで広げることが可能、しかも大画面ディスプレイを実現しているところでしょう。HUAWEI P20 liteは、HUAWEI P20 liteの前身にあたるP10 liteと本体サイズがほぼ同じとなっているため、インチ数が5.2インチから5.8インチにアップしているのも人気の理由です。”