未分類

ウェブ会議は高齢者を見守ることもできる

便利なウェブ会議は様々なビジネスシーンで使用されていますが、高齢者を見守るシーンで活躍しているのをご存知でしょうか?
ウェブ会議が高齢者を見守るシーンで活躍しているのは、地方で一人暮らしをする高齢者が増えているからです。
また、ウェブ会議システムで高齢者を見守るときは簡単なボタン一つで一人暮らしの様子を確認することができ、緊急時には地方自治体の職員がかけつけることが可能ですし、コミュニケーションをとることによって孤独な生活を解消することもできるでしょう。
それに、近所と付き合いがない人でも色々なことを気軽に相談することもできますし、普段言えないこともウェブ会議なら言いやすくなるのではないでしょうか。
こうしたことからも分かるようにウェブ会議は地方に住む高齢者を見守ることができますし、実際にウェブ会議を取り入れて高齢者を見守っている自治体もありますので今後もウェブ会議を取り入れる自治体が増えると思います。

カルビーの自宅勤務

自宅勤務は職場に行かなくても働けますので介護や育児などで出勤が難しい人は働きやすい環境になります。
その自宅勤務を採用している企業の一つにカルビーがあり、2014年から自宅勤務制度を導入してテレワークも行うようになりました。
このカルビーの自宅勤務は多様性なくして成長はないという経営方針からきており、働き方の多様性に合わせながら社内制度を整えて積極的に自宅勤務を行っています。
また、自宅勤務やテレワークを利用した社員にアンケートをとると、約7割の人が業務効率が向上したといっていますし、約9割の人はワークライフバランスが向上したといっています。
この結果が自宅勤務やテレワークが生産性と社員の満足度を上げている要因になっていると気づき、更に自宅勤務やテレワークに力を入れるようになりました。
こうしたことからも分かるように自宅勤務はワークライフバランスや業務効率を向上させることができますので今後も注目されていくでしょう。

自宅勤務のデメリット

自宅勤務を行う企業が増えていますが、メリットだけではなく課題となるデメリットも存在しています。
その自宅勤務のデメリットとはセキュリティ対策や労働時間の管理などが挙げられます。
セキュリティ対策が課題となるのは自宅勤務でインターネットを利用するからで、情報を狙うコンピューターウィルスやサイバー攻撃などが増えています。
このセキュリティ対策では専門知識やコストがかかってしまいますし、自宅勤務する人が仕事とプライベートのパソコンを同じものにしてしまうと安全を保てなくなって情報が漏洩してしまうことがあります。
また、労働時間の管理が難しくなるのは勤務とプライベートの時間を区別するのが困難だからで、オフィスにいる上司が自宅勤務する人を常に見ておけなくなります。
更に緊急時にはオフィスと自宅勤務で急に対応できないこともあります。
このような課題を解決できるような策を講じてから自宅勤務を始めた方がいいと思います。テレワークとは

日本電気株式会社のテレワーク

日本電気株式会社はシステムプラットフォームやパブリック、エンタープライズやテレコムキャリアなどを製造する企業の一つで、テレワークを導入する企業の一つとして注目されています。
この企業では1986年にサテライトオフィスが導入され、1993年には在宅勤務制度を研究職にのみ限定導入されています。
その後にテレワークの利用対象者を拡大し、首都圏を中心にサテライトオフィスを増やすと今現在では全社員がテレワークを利用できるようになっています。
また、テレワークの実施日数は月12回以上20回未満程度になっており、モバイルワークのツールとしてアプリを利用しています。
そして2017年にはテレワークの利用を促して生産性の高い働き方を実現させるためにテレワークガイドラインが公表されました。
こうしたテレワークを導入した結果、残業時間や通勤時間の削減、生産性の向上や疲労軽減などの効果を感じられたと多くの社員が言っています。https://works.rsupport.com/ja-jp

株式会社WillinkSystemのテレワーク

柔軟な働き方として注目されるようになったテレワークですが、そのテレワークを月4回以上8回未満程度で導入している企業が「株式会社WillinkSystem」です。
この企業はITシステムソリューション事業やITプロダクトサービス事業を展開している企業で、テレワークを担当する部署は管理部で全職種を対象にして今現在では23名が実施しています。
また、テレワークでは在宅勤務やモバイルワークだけではなくサテライトオフィスでのテレワークも実施しており、そのサテライトオフィスを利用する場合は社員複数人でのチーム利用を促してチームワークの向上も狙いとしています。
こうしたテレワークを導入した結果、ワークライフバランスの観点では介護と両立させる社員の満足度向上に繋がっていますし、テレワークを実施しているというアピールによってポジティブな印象を与えることができるようになり、テレワークを導入する前よりも内定承諾率がアップしたのです。働き方改革をスムーズに実現Rsupport Works

株式会社WillinkSystemのテレワーク

柔軟な働き方として注目されるようになったテレワークですが、そのテレワークを月4回以上8回未満程度で導入している企業が「株式会社WillinkSystem」です。
この企業はITシステムソリューション事業やITプロダクトサービス事業を展開している企業で、テレワークを担当する部署は管理部で全職種を対象にして今現在では23名が実施しています。
また、テレワークでは在宅勤務やモバイルワークだけではなくサテライトオフィスでのテレワークも実施しており、そのサテライトオフィスを利用する場合は社員複数人でのチーム利用を促してチームワークの向上も狙いとしています。
こうしたテレワークを導入した結果、ワークライフバランスの観点では介護と両立させる社員の満足度向上に繋がっていますし、テレワークを実施しているというアピールによってポジティブな印象を与えることができるようになり、テレワークを導入する前よりも内定承諾率がアップしたのです。

日本HPのテレワーク

柔軟な働き方として注目されるようになったテレワークですが、そのテレワークの拡大とともに都市近辺の人材の雇用だけではなく、離れたところや地方に住んでいる優秀な人材も雇用するようになりました。
このテレワークの導入を進めている企業や既に導入している企業は多くあり、その中にはノートパソコンやデスクトップパソコン、タブレット端末などで有名な日本ヒューレット・パッカード株式会社もあります。
日本HPのテレワークは、「通勤・移動時間の削減により更なる生産性の向上を」ということを目指してフレックスワークプレイス制度を導入しました。
フレックスワークプレイス制度とは1か月のうちの数日間だけ1日の業務を自宅で行うというもので、この制度を利用したい人は理由に関わらず部門長の許可が得られれば利用することができます。
以前から育児や介護を必要とする社員にはテレワークが導入されていますが、この制度の導入によって更にメリットを感じられるのではないでしょうか。働き方改革をスムーズに実現Rsupport Works

マーケティングオートメーションツールのb→dash

マーケティングオートメーションのツールは様々なものがありますが、その中でも特に注目されているのがb→dash(ビーダッシュ)というマーケティングオートメーションツールです。
このマーケティングオートメーションツールはマーケティングに必要な機能を幅広く提供しています。
そのマーケティングに必要な主な機能は、データ統合、Web接客、メール、広告連携、LINE連携、SMS配信、レコメンド、CMS、プッシュ通知などがあります。
また、ビーダッシュのマーケティングオートメーションツールはデータ統合を自社で行っていますので細かいセグメント作成と顧客のニーズに応じたマーケティング活動が可能となります。
それに、顧客ごとに独自のレポートを作成することができますし、名刺管理ソフトとの連携やLINEビジネスコネクトにも対応しています。
このようなマーケティングオートメーションのツールは注目されていることもあって多くの企業が導入しています。

日本マイクロソフトのテレワーク保険

働き方改革の実施によってテレワークが注目されるようになりましたが、そのテレワークの実施で課題になってくるのがパソコンなどの端末を持ち出して使用するときに起こるセキュリティや盗難などの問題です。
こうした課題を解決するために日本マイクロソフトはテレワーク保険の提供を開始しました。
このテレワーク保険の正式名称は「特定危険担保特約付帯サイバーリスク保険」となっており、加入条件としてWindows10搭載のモバイルパソコンのみが加入できるようになっています。
また、テレワーク保険の内容は会社から支給されるモバイルパソコンを使用し、その使用時に発生した各種損害に対して損害賠償金や原因調査にかかる費用などが補償されるということです。
このようなテレワークの保険はセキュリティ面だけではなく技術的なことや盗難などにも対応していますので、企業はテレワークを安心して導入できますし、テレワーカーも安心できるのではないでしょうか。

テレワークの導入率が高い分野

情報通信技術を利用して柔軟な働き方ができるテレワークですが、2017年の導入率は従業員が499人以下の企業では約5%で500人以上の企業では約23%とされています。
また、従業員2人以上の企業では約14万社とされており、今後はワークライフバランスの実現や人材確保などの目的によって導入する企業が増え、2022年ころには導入率が約10%になって約29万社がテレワークを導入すると推測されています。
それと、テレワークを導入する企業は様々ですが、どのような分野で導入されているのか気になるところです。
テレワークの導入率が高い分野はサービス業や製造業、金融業となり、逆にテレワークの導入率が低い分野は医療や教育、公益などとなります。
テレワークの導入率が低い分野は顧客との対面や情報漏洩の危惧などの制限からテレワークを導入しにくくなっています。
そして、テレワークは在宅型を中心に普及が進んでおり、逆に施設利用型はセキュリティの不安などから伸び悩みが考えられます。テレワーク