未分類

防犯アプリのDigi Policeはどんなもの?

“iPhone、android端末ともに、今ではDigi Police(デジポリス)のようなアプリを、インストールできる時代になりました。
Digi Policeとは、「警視庁公認の防犯アプリ」なのですが、Digi Policeには、マイエリア登録が可能となっているため、防犯意識を高めたいと考えている人は、android端末などにDigi Policeをインストールすると良いでしょう。マイエリア登録を済ませると、近隣の犯罪情報、防犯情報をまとめて知ることが可能になっています。
近年では、Digi Policeを用いてオレオレ詐欺について学んでいる人も増えてきました。Digi Policeには、詐欺の手口を学べる機能も搭載されているため、防犯情報だけでなく、実践的な知識もまとめて得られるようになっているのです。
Digi Policeは、子どもや女性向けの機能も充実しており、Digi Policeを搭載しているだけで、防犯ブザー、痴漢撃退機能も得られるようになっています。”

発売予定の最新機種にはどんなものがある?

“5月、6月に発売される予定のスマートフォンは以下のとおりです。
人気のXperiaシリーズからは、「Xperia 1」が6月中旬に販売される予定となっています。価格は112320円となっているため、比較的高い価格設定のように感じますが、5月中に発売される予定のスマートフォンの多くは、高いもので10万円から12万円となっておりますので、それほど大きな差があるわけではありません。
6月中旬以降に発売される予定のものでは、Galaxyシリーズの「Galaxy A30」があります。こちらはミドルレンジモデルのため価格が安く、Galaxy A30の価格は43200円となっています。
ですが、ほぼ同時期に販売される「AQUOS Sense2」は、価格が32400円となっているため、コストパフォーマンス重視でスマートフォンを選ぶ場合は、AQUOS Sense2を選ぶと良いでしょう。5月中では、「Galaxy S10+、Galaxy S10、AQUOS R3、P30 lite Premium」などが発売されます。”

ベンチマークスコアが高い「ZenFone5」

“定価は52800円となっているZenFone5ですが、上位版として開発されているSIMフリー端末だけあって、以下のような面で優れているスマートフォンです。
ZenFone5は、ベンチマークスコアに優れていると言われているのですが、トータルスコアでは138184となっています。補足となりますが、同じようなタイプのスマートフォンでは12万超のものが多いので、ZenFone5はハイスペックスマートフォンというのは事実です。
なんのためにベンチマークテストを行い、ベンチマークスコアを出しているのかというと、CPU(コンピューター性能)、GPU(グラフィック性能)、UX(使いやすさ)をわかりやすくするためです。ZenFone5は、CPU64081、GPU21190、UX44415となっているため、ミドルレンジモデルの中では、ほぼ最高と言えるような性能を誇るスマートフォンとなっています。
そのため、コストパフォーマンスが良いと評価されているのです。”

フリーWi-Fiの危険性と安全な利用方法

“最近になってandroid端末を入手した人ほど、android端末の使い方がわからないので、初心者用ナビゲーションに従っていることが多いです。
ですが初心者用ナビゲーションは、すべて正しい利用方法を案内しているわけではありません。例えば、フリーWi-Fiの危険性は早い段階で知っておいたほうが良いです。
フリーWi-Fiの設定が自動接続設定になっている場合、情報を盗まれてしまう恐れがあります。ではどのようにして対処するのが正しいのかというと、それは、自動接続設定を利用せずに、フリーWi-Fiを利用するだけで問題ありません。
手動でアクセスポイントを確認、信用できるアクセスポイントであれば利用するようにします。フリーWi-Fiの中には、暗号の強度が低いものもありますので、こちらは利用を控えるようにしましょう。
後は、身に覚えのないSSID名は確認し、知らないフリーWi-Fiを避けるだけで問題ありません。”

「HUAWEI Mate 20 Pro」はメモリ、ストレージも段違い

“高性能なandroid端末を探している場合、HUAWEI(ファーウェイ)のMate 20 Proがオススメされることが良くあります。
実際に、2018年以降のスマートフォン最新機種の人気でも、HUAWEI Mate 20 Proはトップランクとなっていますので、性能、人気ともに高いのは事実です。そんなHUAWEI Mate 20 Proですが、メモリ、ストレージにも余裕があり、そのため再評価されることが増えてきました。
HUAWEI Mate 20 Proのメモリ、ストレージは「6GB・128GB、8GB・256GB」となっているため、現行のスマートフォンと比較した場合、トップクラスのパフォーマンスというのは事実です。通常のスマートフォンは、メモリが多いとされているものでも約4GBとなっています。
そのことを事前に知っていると、HUAWEI Mate 20 Proが以下に高スペックなのかが良くわかるでしょう。しかもHUAWEI Mate 20 Proは、8.6mmという薄さを備えていて、他のスマートフォンより性能が高いのです。”

人気のミドルレンジモデル「HUAWEI P20 lite」

“テレビニュースでも良く見かけるHUAWEI(ファーウェイ)ですが、2018年に最も売れたとされるスマートフォンも、実はHUAWEI製のスマートフォンなのです。
その中でも有名なのが、HUAWEIのP20 liteでしょう。HUAWEI P20 liteは、SIMフリースマホとして開発されているモデルなのですが、「Huawei Kirin659」という、お値段以上のCPUを搭載しているという特徴があります。
これにより、本来であれば快適に動作させることが難しい、パズルドラゴンズ、ツムツムといったゲームアプリであっても、HUAWEI P20 liteの性能によってサクサク動くようになるのです。しかもHUAWEI P20 liteは、幅が狭いノッチディスプレイを採用しています。
ノッチディスプレイの利点は、画面を限界まで広げることが可能、しかも大画面ディスプレイを実現しているところでしょう。HUAWEI P20 liteは、HUAWEI P20 liteの前身にあたるP10 liteと本体サイズがほぼ同じとなっているため、インチ数が5.2インチから5.8インチにアップしているのも人気の理由です。”

ZenFone5をアップデートするには?

ZenFone5をお使いの方に朗報です。今回、ASUS JAPAN株式会社は、2019年3月28日よりZenFone5を対象としたandroid9.0へのアップデートを開始しています。このアップデートを行うことで、新しいナビゲーションバーが使えるようになることや、パフォ―マンスの改善や新しい機能が使えるようになるので、是非試してみてください。やり方は、とっても簡単です。ホーム画面に更新通知メッセージが表示されるので、画面の指示に従って矢印をタップするだけなので難しい作業はありません。アップデートをすぐに実行したい場合は、「インストール」をタップします。その後、インストールが無事に完了すればデバイスは自動で再起動します。ここまででアップデートの設定は完了ですが、念のため確認しておきたい方には「設定」から「ソフトウェア情報」に記載されている番号を確認しておきましょう。この設定により新機能が使えるようになるので、まだ設定していない方は是非この機会にやってみてください。

アウトドアに向いたスマホ

スマホという道具は外でも中でも使える非常に便利な道具です。今回はとある記事紹介されていた、アウトドア向けのスマホについて紹介していこうと思います。その名前は「Trekker X4」というスマホです。このスマホの見た目はすごくかっこいいと私は感じており、普通のスマホよりも、背面のカメラが大きく作られており非常にがっしりとした見た目のスマホになっております。その為タフで頑丈にできており、落としただけのような簡単なことでは壊れません。だからアウトドア向けなんだろうと思うんですが、そうなると外だけではなく、中身はどうなっているのかと思いますよね。実は性能の方もアウトドアに向いており、特に動画や写真に特化してしています。背面のカメラがそのことを物語っているでしょう。しかも編者なんかもあらかじめ入っており、撮影した動画や写真を即座にSNSアップすることも可能です。登山をたくさんする方や、遊びによく出かける方なんかは愛用するのではないでしょうか。

ゲーミングスマホの性能

ゲームに特化したスマホといえば何を思いつきますか。いわゆるゲーミングスマホって呼ばれるもののことです。私もスマホのゲームを沢山遊んでいる身なのですが、普通のスマホでは重い事が多々あります。そんな中では快適な環境でゲームがプレイできません。今回はその中で、日本に上陸したゲーミングスマホを紹介していこうと思います。名前は「Black shark2」で、中国のスマートフォンメーカーが出資するBlack sharkで販売されている。元々は欧米で販売されていたが、日本での期待も高かった為か上陸してきたのだ。ゲーミングスマホというのはゲームをするために特化しているだけと勘違いする人も多い。もちろんゲームを最優先に考えて開発はしているが、そのほかの機能が普通のスマホより劣っているわけではないのだ。ディスプレイはもちろん、液体冷却技術も入れている為、長時間使っても熱くなりづらいのだ。ゲームを沢山する人なら買ってみてはいかがだろうか。

Android端末の背面4カメラについて

とある記事で米モトローラが開発中と思われる、謎のスマートフォン画像が著名リークアカウントに公開されているそうだと書いてあった。私もその画像を見たが、背面には4個カメラが付いており正四角形の形で並んでおり、初めて見る形だった。機種名なども判明はしていないようで、まだまだ謎に包まれているみたいだ。しかし、画像を見る限りイヤホンジャックなんかは付いていることや、指紋認証が使える作りになっている事から、大きな変化は無いように伺える。だが、カメラに関しては誰が見ても大きく違うため、今回のスマートフォンはカメラに力を入れているのかもしれない。価格にもよるが、カメラが高性能になっていてスマホ本体の作りは大して変わらないのだったら、普通のスマホを買うよりかはこっちを買う方が断然お得である。しかもモトローラといえば「motomods」がある事が有名なため、これを使うことによりどのように変化するのもまた一つの楽しみでは無いだろうか。